TOP

人生最後も風俗へ行きたい風俗好きの体験談を紹介します。

なぜか懐かしささえ覚えた吉原のソープ

まさか吉原のソープで懐かしさを覚えるとは自分でも思いませんでしたよ。ソープであそこまで懐かしさを覚えたのは相手を務めてくれたAちゃんのおかげです。
なぜなら彼女が昔の彼女に似ていたんです。初めて出来た彼女、つまりは自分が童貞を卒業させてもらった女の子なんですけど、ソープ嬢のAちゃんが彼女に似ていたのもあって、なんだか懐かしい気持ちにさせられたんですよね。自分としてもかなり驚きましたよ。瓜二つ…とまでは言いませんけど、髪型が似ているのもあってかなり雰囲気が近いなと。その姿を見れただけでも自分としてはかなり興奮しましたし、その子がいろんなことをしてくれるんです。昔を思い出すのも無理ないですよね。
でも、こうしていろいろな気持ちを味わった方が快感が増すのも事実ですよね。ソープって肉体的に何かをされるだけじゃなくて、こして精神面で刺激を受けるのも快感の一つだと思うので、その日は自分自身、最高に満足感が高まった時間になったなって思っています。

吉原でソープの経験も積めてきたかも

ようやくソープの世界に慣れてきたような気がします。前は相手はお客を満足させるために接してくれていると分かっていても物凄く緊張してしまいました。ソープという世界に慣れていないのもそうですけど、美人で綺麗で可愛い。そんな女の子と裸で向き合ったら気恥ずかしい気持ちになってしまうのも当然ですよ。
ですが場数なんでしょうかね。いろいろと楽しむことで、何となくではありますがソープのことが分かってきたんじゃないかなと。だから最近はようやく緊張感が薄れてきて、初対面の女の子とも普通に喋れるようになってきたんですよ。それこそ、いわば経験を積めてきている証でもあるんじゃないかなと。吉原のソープっていう日本でも最高峰の場所で経験を積んでいるのも大きいと思います。
それだけに、吉原のソープに対してより興味が高まっているのもありますよね。もっといろんな気持ちを味わいたい…みたいな好奇心も出てきているので、今後ももっともっと吉原ソープの世界にはお世話になって楽しませてもらいたいなって思っていますし、既にある程度女の子もリストアップしているんです。